青森市は20日、新型コロナウイルス感染防止対策の一環で、発熱者がいた場合に瞬時に確認できるサーマルカメラを本庁舎と駅前庁舎、浪岡庁舎の正面入り口にそれぞれ1台ずつ設置し、運用を開始した。
 来庁者が自己の健康状態を管理するためのもので、顔認証で体表温を検知する。37度以上の場合は「体温異常」と警告音が鳴り、市職員が体調を確認するという。
 同日は運用開始に合わせて駅前庁舎に設置されたサーマルカメラの運用状況を小野寺晃彦市長が視察した。
【写真説明】市役所駅前庁舎に設置されたサーマルカメラの運用状況を視察する小野寺市長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。