本格的な夏のレジャーシーズンが迫る中、新型コロナウイルスの影響により県内の海水浴場では、今夏のオープンの可否について対応が分かれている。津軽地域では、青森市や鯵ケ沢町、中泊町が通常通りオープン予定。トイレなど共用部の清掃回数を増やすほか、放送や看板でソーシャルディスタンスを呼び掛けるなどの対策を講じる。一方、つがる市の2海水浴場は対策が十分取れないとしてオープン見送りを決めた。
【写真説明】今夏は海水浴場を開設しないつがる市のマグアビーチ。砂浜には「遊泳禁止」の看板が設置された

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。