つがる市立図書館は最大6冊を同時に消毒できる図書除菌機2台を導入、供用を開始した。新型コロナウイルス禍を受けた取り組みで、6冊用の導入は津軽地方の図書館で初めて。従来から稼働する2冊用を含めた計3台態勢で、利用者に安心感を提供する。
 同図書館ではオープンと同時に2冊用1台を導入済みで、子ども用の絵本コーナー前で稼働していた。こうした実績もある中、新型コロナ対応策の一環で、市が事業費約160万円を補正予算に計上し、6冊用除菌機を導入し、17日に供用を始めた。今後は返却された図書の除菌に利用するほか、タッチパネルで簡単に操作できるため、利用者による自主的な活用も期待される。
【写真説明】つがる市立図書館に導入された、6冊用の図書除菌機

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。