県金融広報委員会から「金融教育研究校」の委嘱を受けた五所川原商業高校(下山美智子校長)で14日、金融教育授業のセミナーが行われた。2年生76人が2021年度までの2年間、お金や金融の働きに関して継続的に学び、豊かな生活、より良い社会づくりに向けて主体的に行動できる力を養っていく。
 同校は5月、青森山田高校とともに県内で初めて研究校に委嘱された。20、21年度に各5回のセミナーを開講し、生徒の発達段階に応じた効果的な金融教育を展開していく。21年度後半には総まとめとして、公開授業も予定している。
【写真説明】お金の機能について、五所商の2年生に考察を促した菅原さん(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。