中止となった弘前ねぷたまつりに代わり、弘前市の街中に手持ちねぷたを飾り付ける催し「城下の美風」に際し、弘前観光コンベンション協会では扇ねぷたペーパークラフトを無料配布する。27日から協会管理施設に設置するほか、20日からは先行して協会のウェブサイト(https://www.hirosaki-kanko.or.jp/)でプリントアウト用データを公開する。
 各家庭や幼稚園・保育園などで、身近にねぷたと触れ合う機会をつくろうとするもの。先駆けて有志でねぷたペーパークラフトを制作、公開していた若手絵師らのねぷた絵を起用。3種類の扇ねぷたを作って楽しむことができる。工作が難しい人や幼児向けに塗り絵(9種類)もある。
 配布は市立観光館やJR弘前駅観光案内所などで行い、ペーパークラフトは計3000部、塗り絵は計9000枚用意。インターネット交流サイト(SNS)で行う「弘前ねぷたフォトコンテスト」への投稿も募集する。詳細はペーパークラフト用紙に記載。
【写真説明】20日から弘前観光コンベンション協会ウェブサイトで印刷用データが配布される扇ねぷたペーパークラフト