青森山田高校サッカー部主将の藤原優大選手(18)=弘前市出身=が、Jリーグ1部の浦和レッドダイヤモンズへの入団が内定し、16日に同校で記者会見した。藤原選手は「青森県のサッカーファンに少しでも夢や感動を届けられるように頑張りたい」と抱負を語った。
 藤原選手は会見で「サッカーを始めた時からプロになるのが一番の夢だった。さらに上のステップに進むため、今はワールドカップ出場を夢に設定している。青森県の方に恩返しをするため、結果を残し続けたい」と意気込んだ。同校の黒田剛監督は「自分の足りない部分を補っていく努力の成果によって、今日にたどり着いた。責任感が芽生えてきた2年生の時からプロに行くべきだと感じていた」と教え子の成長を振り返った。
【写真説明】プロでの活躍に向けて意気込む藤原選手(中央)と(左から)黒田監督、花田惇校長、土田スポーツダイレクター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。