県警本部に勤める男性警察官が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、勤務先である県警本部は早朝から対応に追われた。職員が消毒作業に当たった他、男性が働くフロアへの部外者の立ち入りを禁止に。また濃厚接触者の警察職員計22人に自宅待機を命じ、人員不足で業務に支障が出ないよう他部署から人員を派遣するなど、県警本部総出で対応に迫られた。
 県警本部では早朝から職員が出勤。男性が勤務する4階への部外者の立ち入りを当面禁止し、男性が勤務する本部4階執務室やトイレを消毒。男性が出張した十和田署庁舎も消毒した。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。