中泊町特産物特売所「ピュア」を実施主体とした、小泊地区での移動販売実証事業が16日、同地区のすくすくこどまり館でスタートした。隣接地区で展開している移動販売が好評だったことを受けエリアを広げたもので、初日は地元の主婦らでにぎわいを見せた。
 人口減少に伴う商店の減少を受け、町では2018年度から買い物環境を支える各種対策を展開している。小泊地区での移動販売実証事業は「青森県型地域共生社会」の実現を目指した県の補助を受け実施するもので、今年度末まで月2回程度行い、採算性も検証しながら持続可能な在り方を検討していく。
【写真説明】中泊町小泊地区で始まったピュアによる移動販売実証事業

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。