新型コロナウイルス収束を願い、獅子舞・獅子踊りの団体が一斉に退散祈願演舞を披露する珍しい催しが12日に全国各地で行われた。全国の獅子舞や獅子踊りを記録・展示している獅子博物館(埼玉県)が呼び掛けたもので、本県からは平川市の八幡崎獅子踊保存会(一戸大輔会長)が参加。同日は正午きっかりに、同市の八幡崎八幡宮で「新型コロナ退散」の願いを込めた勇壮な踊りが関係者によって演じられた。
【写真説明】新型コロナ退散を祈願して勇壮な踊りを披露した八幡崎獅子踊保存会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。