弘前市吉野町の弘前れんが倉庫美術館が11日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開館延期、プレオープン期間を経て、グランドオープンした。同日夕の記念セレモニーでは、櫻田宏市長、三上雅通館長、三村申吾知事らがテープカット。開館を待ちわびていた関係者、来館者約500人と共に、当初予定から3カ月遅れの門出を祝った。同日は午後8時半までの特別開館も実施。来館者は思い思いに現代アートの世界に浸った。
 入り口前で開かれたセレモニーで、櫻田市長は「(美術館を)電車の音、踏切の音、そして教会の鐘の音、お寺の鐘の音を感じながら堪能してほしい」とあいさつ。テープカットと同時に弘前昇天教会の鐘が鳴り響くサプライズ演出があり、会場は拍手で包まれた。
【写真説明】弘前市吉野町の弘前れんが倉庫美術館が11日、グランドオープンした

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。