青森市は10日、20代の派遣型風俗業(デリバリーヘルス)の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。本県では29人目、市としては5人目の感染者となる。女性は茨城県在住で、3日に東京・歌舞伎町のホストクラブを利用し、4日から仕事で青森市に滞在していた。女性によると県内で約30人を接客したという。小野寺晃彦市長は、女性の仕事の特性上利用客の特定が難しく、感染経路不明者が出る可能性があるとし「心当たりのある人は帰国者・接触者相談センターへ連絡して」と呼び掛けた。また同日、三沢市が米軍三沢基地で感染者が確認されたと発表した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。