弘前市の書家・吉澤秀香さん(87)が9日、弘前南中学校(木村憲夫校長)でライブパフォーマンス書道を行った。縦55メートル、横25メートルの紙に、同校に代々受け継がれる言葉「南中魂」を揮毫(きごう)し、生徒に「世界に羽ばたいて、南中の魂を世界中に伝えてほしい」とメッセージを送った。
 「南中魂」の書は同校の体育館に展示される。
【写真説明】特大の紙に「南中魂」を揮毫した吉澤さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。