2019年度の県内の総献血者数は、前年度比2702人増の4万7666人だったことが9日、県赤十字血液センターのまとめで分かった。19年度計画数(4万5854人)を1812人上回った。センターは関係機関と連携し、効率的な確保に努めた結果とした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。