青森銀行とみちのく銀行は8日、それぞれ店舗内外に設置する全ての現金自動預払機(ATM)を20日から相互に無料開放すると発表した。平日昼間に掛かっていた他行ATMの利用手数料110円を払わずに、口座から現金引き出しなどができる。
 現金引き出しに加え、振り込み(振り込み手数料は別途必要)に掛かっていた利用手数料も無料になる。青銀口座を持つ預金者がみち銀ATMから現金を引き出す場合、平日午前8時~午後6時は無料になる。逆の場合も適用される。
 対象ATMの台数(8日現在)は、青銀が225拠点347台、みち銀が259拠点383台。共通化によるATM廃止はともに予定していない。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。