青森ねぶた祭実行委員会(奈良秀則実行委員長)は7日、新型コロナウイルスの影響で中止となった今夏の青森ねぶた祭に代わるイベントとして、「青森市民ナヌカ日ねぶた」を8月7日に青森市の青い海公園で開くと発表した。
 参加は青森市民のみ。申し込み抽選で、定員は4000人。雨天中止。
 ねぶた展示をメインに、最大40店舗の出店が集まる予定。ねぶたは、市文化観光交流施設「ねぶたの家ワ・ラッセ」に展示されている大型ねぶた3台を展示する。囃子(はやし)演奏も予定しており、人数などは調整中。
 新型コロナ感染防止対策として、2部構成の入れ替え制で、各部2000人。1部は午後4時30分~同6時20分、2部は同6時45分~同8時30分。入場口と退場口を分け、入場時に検温する。
 動画投稿サイト「ユーチューブ」でのライブ配信や、青森市役所本庁舎1階駐車場でのパブリックビューイングも実施予定。
【写真説明】「青森市民ナヌカ日ねぶた」で展示予定の大型ねぶた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。