弘前ねぷた、今年はオンラインで楽しもう! 新型コロナウイルスの影響による弘前ねぷたまつりの中止を受けて、運行団体を母体とする有志がデジタル空間でのねぷた運行を企画している。端末があれば国内外で運行の様子を楽しめるのはもちろん、視聴者が色塗りしたねぷたがリアルタイムで運行されるなど双方向性を生かす。上乗り役や先導役など普段は見ることのできない視点からの映像、過去の名作参加など、オンラインならではのアイデアを取り入れ、今夏だからこその新たなねぷたの形に挑戦しようとしている。
 オンライン弘前ねぷた実行委員会(中川俊一会長)が主催。むつ小川原地域産業振興財団の助成金を活用して実施する。
 仮想上の弘前市内を練り歩くねぷたの様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」などでライブ配信。運行団体や絵師の協力を取り付け、実際に運行したねぷたや今回の事業に合わせて描き下ろしてもらった作品を運行させる試みだ。
 ライブ配信は実際の合同運行と同じ8月1~7日を予定。現在は事業に協力する運行団体や絵師、協賛する企業や団体を募集している。
 問い合わせは中川代表(電話090―4843―5276)へ。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。