新型コロナウイルス禍を受け、通常開催を断念した五所川原立佞武多の運営委員会3団体トップが、6日に協議9月の4連休(シルバーウイーク)に大型立佞武多の展示を含めた何らかの「復興イベント」を催す方針を決めた。新型コロナの流行状況次第でオンラインを活用した「バーチャル立佞武多」を主体とする可能性もある。
 具体的内容は今後、商議所青年部の意見も参考に詰め、8月17日に発表する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。