津軽地方でも各地の自治体が対応に追われる新型コロナウイルス対策。平川市も各種施策を展開するが、中でも子どもの教育環境の整備はスピード感を持って取り組んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大などで休校措置になった場合に備え、前倒しで今年中にオンライン学習に活用できる機材を導入するほか、子育て世帯への配慮として今年度末まで給食費の無償化を図るなど、将来を見据えた教育環境の整備と保護者の経済負担の軽減という2本立てで、コロナ禍の下での教育環境の充実に意を用いている。
【写真説明】給食費無償化など、子どもや教育に関わる新型コロナの対策に力を注ぐ平川市

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。