日本女子ソフトボールリーグ1部を戦うHondaソフトボール部(所在地、栃木県真岡市)が、弘前市運動公園内のはるか夢球場で合宿を行っており、9月のリーグ戦開幕に向け鍛錬を積んでいる。
 Hondaの弘前市内での合宿は昨年に引き続き2回目で、同球場では初めて。昨年5月にはリーグ第3節青森大会で同球場を訪れ、シオノギ製薬、SGホールディングスと対戦。“世界最高峰”のプレーを見せファンを魅了した。
 今季のリーグ戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月5日に開幕。Hondaは神奈川県の大和スタジアムで、弘前市出身の齋藤春香監督率いる日立と相まみえる。
 選手21人とスタッフ5人は今月1日に来弘し、8日まで滞在。目標のリーグ制覇に向け打撃や守備、試合形式の練習を行いチームを強化する。
【写真説明】打撃練習に精を出すHondaの選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。