新型コロナウイルスにより失職・減収した人たちからの多重債務相談が増え始めていることが2日、分かった。青森市内で開かれた県多重債務者対策協議会で報告されたもので、減収で借金返済のめどが立たなくなった―といった相談が寄せられており、関係者は今後さらに新型コロナ関連の相談が増えるものとみて、動向を注視している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。