仙台国税局は1日、2020年分の路線価(1月1日現在)を公表した。県内7税務署の最高路線価のうち、最も高かったのは「青森市新町1丁目 新町通り」の16万円で、対前年変動率は3・2%の上昇。現在の評価方法となった1992年以降、初めて上昇に転じた。弘前税務署管内の最高路線価は「弘前市駅前3丁目 駅前商店街通り」で、5年連続同額の8万7000円。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。