弘前市の櫻田宏市長は30日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの影響をめぐり、段階的なイベント再開や都道府県をまたぐ移動の全国的な緩和といった流れを受けて、地域や町内会単位でのねぷた運行が検討され始めている動きについて、「3密を避けるという観点から、できれば自粛してほしい」との従来の方針を強調した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。