鯵ケ沢町は29日、新型コロナウイルスで影響を受けた町内宿泊施設を応援するため、「あじがさわ宿泊キャンペーン」を7月18日から開始すると発表した。9月末までの期間中、指定した町内4施設に宿泊すると、1人当たり3000円引きとなり、さらに500円分の買い物クーポン券がもらえる。
 キャンペーンは宿泊需要獲得と観光消費拡大が狙い。割引分を町が負担する。対象施設は(1)ロックウッド・ホテル&スパ(長平町)(2)鯵ケ沢温泉ホテルグランメール山海荘(舞戸町)(3)鯵ケ沢温泉水軍の宿(同)(4)民宿東洋赤羽(赤石町)。
 1000人泊限定で、7月末までは県内在住者、8月以降は対象を全国に拡大する。クーポン券はチェックイン当日からチェックアウトの日まで、宿泊先売店や町内土産物店などで利用できる。
 キャンペーンを利用する場合は各施設に申し込む。他の割引キャンペーンとの併用も可能。
 JR秋田支社は同キャンペーンと連動した「泊まって応援! 『リゾートしらかみ』で行く鯵ケ沢高原ロックウッド・ホテル&スパへの旅」を7月18、19日の1泊2日で実施。青森、弘前両駅発で、旅行代金はキャンペーンの3000円を差し引き、弘前駅から乗車した場合は3人1室利用で大人1人1万円となる。