「青森ワイナリーホテルカレー(辛口)」のパッケージ

 サンマモルワイナリー(本社むつ市)は新型コロナウイルスの影響を受ける県内飲食店の支援に役立ててほしいと、寄付金付きのレトルトカレーやワインなどを販売する「青森応援プロジェクト」を開始する。7月3日から県内スーパーやインターネットで対象商品を順次販売し、売り上げの一部を県内自治体に寄付し、それぞれの支援事業に役立ててもらう方針。
 レトルトカレーは全日本司厨士協会北部地方県本部と県調理師会の協力を得て商品開発し、ホテル青森、八戸パークホテル、むつグランドホテル、青森ワイナリーホテルの各料理長がレシピを監修した4商品を販売。各1万食限定で、価格は税込み598円、内容量180グラム。1食につき100円を寄付する。
 各自が「ガーリック豚」「海峡サーモン」などの県産食材を使っており、このうち大鰐町の青森ワイナリーホテルはサンマモルワイナリーが自社グループで飼育した「下北牛」をじっくり煮込み、辛口に仕上げた。
 このほか、10日以降に順次、自社グループで製造する県産ブドウ100%のワイン、パン、焼き菓子など既存品の売り上げからも1商品につき30~50円を寄付する。プロジェクトの対象商品は県内のスーパーや小売店に加え、近日中に開設する専用のホームページでも販売予定。
 サンマモルワイナリー第2工場の工藤夕美販売部係長は「大変なご時世だからこその取り組み。カレーは本県の食分野での強みを生かした商品に仕上がったので、ぜひ試してほしい」とPRした。