全国民に一律10万円を給付する国の特別定額給付金について、西目屋村が26日で支給率100%に達することが24日、分かった。県内で最も早く給付を終える自治体となる。
 同村の支給対象は554世帯1336人。全国で最も早い4月30日に支給を始め5月末までに99・8%給付を終えていた。最後の1世帯は23日に受け付けを完了。26日に振り込み給付され、支給率100%となる。
 関和典村長は本紙取材に対し「間違いもなく全ての作業を完了できてうれしく思っている」と述べ、今回の給付事務作業を通じて「村民の方々が役場職員の頑張りを認めてくれた。職員もさらに地域のために努力したいと思うようになれた」と、思わぬ副次的効果があったことも明かした。