映画「わさお」を再上映するシネマヴィレッジ8・イオン柏

 鯵ケ沢町の“ブサかわ犬”わさおが出演した映画「わさお」(2010年製作)が7月3日から、つがる市の映画館シネマヴィレッジ8・イオン柏で再上映される。同館の米澤直樹支配人は「新型コロナウイルスの影響による自粛疲れで、もやもやしている人の心を少しでも和らげられれば」と来場を呼び掛けている。上映期間は最短でも3週間設けるという。
 今月8日に永眠したわさおをしのぶ意味と、映画配給会社の打診もあって再上映が決まった。コロナ禍で新作映画の公開延期が相次ぐ中、配給会社が映画館に過去の作品の再上映を勧める動きも出ているという。
 米澤支配人によると、エキストラなどで映画製作に関わったつがる市民らから再上映の要望も受けている。一方、緊急事態宣言の解除後も客足はいまだにまばらという。
 映画は鯵ケ沢町のイカ焼き店に暮らす秋田犬わさおの実話がベース。同町を中心に県内でオールロケを行い、飼い主の故菊谷節子さん役は薬師丸ひろ子さんが務めた。