園内の風景写真などが来園者の注目を集めている屋外写真展「りんごの花」

 弘前市りんご公園で、屋外写真展「りんごの花」が28日まで開かれている。職員が休園期間中に撮りためた約80作品が園内の施設「りんごの家」窓ガラスに張り出され、来園者の注目を集めている。
 弘前観光コンベンション協会(三上千春会長)主催。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、リンゴの花が見頃を迎える4月20日から5月17日まで休園したため、市民に写真で花見を楽しんでもらおうと企画した。
 写真展は新型コロナ対策で密集を避けるため、施設外で鑑賞できるよう、レストランの窓に外向きに展示。園内で咲き誇るさまざまな品種の花や風景、園地で休む猫などの写真が市民らの目を楽しませている。
 同公園施設アテンダントの奈良正宏さん(38)は「リンゴの花を見られなかった皆さんのために私たち職員で撮りためておいた。1カ月遅れだが写真で花見を楽しんでくれれば」と呼び掛けている。
 期間中は毎日開催しており、午前9時から午後5時まで。問い合わせは同公園(電話0172―36―7439、ファクス0172―35―7458)へ。