五十石館をリニューアルオープンさせた川村さん

 弘前市の音楽家・川村昇一郎さん(79)が、同市五十石町の喫茶店「五十石館」を前オーナーから受け継ぎ、リニューアルオープンさせた。忙しい本業の傍ら、週6日カウンターに立つ川村さんは「往時の喫茶店のような、おのおの本を読んだり物書きをしたり、あるいはいろいろと語り合ったりする、そういう場になるといい。世知辛い世の中だが、ゆったりとした時間を楽しんでもらえれば」と穏やかに語る。
 同店は前オーナーが体調を崩し、昨年10月1日から休店していた。
 川村さんは、店を受け継いだのは「成り行き」だという。同店や前オーナーとさまざまな縁があり、休店したまま放置しておくのももったいないと思い、「それではやってみようか」と思い立った。
 コーヒー講習を受講するなど3月から開店準備を始め、5月30日にリニューアルオープンを果たした。現在は火曜日から日曜日までの午後1時から同4時半まで営業している。
 新型コロナウイルスの影響で毎月第4土曜日に予定していた「歌う会」を当面休止せざるを得なくなったが、6月末からはピアノのミニコンサートなど少しずつ催し物も始めていくという。
 学生時代から喫茶店通いをしていたという川村さんは「まさかこの年になってこんな新しいことを始めることになるなんて。でも、学生時代の思い出があるから、喫茶店の雰囲気にも自然と溶け込めたのかな」とほほ笑んだ。