新型コロナウイルスの影響を受ける事業者を応援しようと、青森銀行は、地元のお薦め商品などを公式インスタグラムで紹介する取り組み「AOMORI♥HIKE ♯あおもりを笑顔にしよう」を展開している。
 新型コロナで客足が遠のいている取引先事業者らの店舗や商品を行員が“ライター”となってインスタで情報発信することで、地元を盛り上げるのが狙い。県内外の約100支店で勤務する行員が取材し、随時掲載する。
 取り組みの名称に含まれる「HIKE(ハイク)」は日本語の意味である「歩き回る」「高める」を組み合わせ、行員が各地を回りながら青森を盛り上げようとの思いを込めた。
 アカウントは「青森銀行 AOMORI♥HIKE」(https://www.instagram.com/aomori_hike)。商品の特徴やコンセプト、事業者らのコメントに加え、青銀公式キャラクター「aomo」と一緒に撮影した商品写真を「♯あおもりを笑顔にしよう」のハッシュタグを付けて投稿する。8日に運用を開始し、18日午後5時現在で8投稿ある。9月末までの予定だが、反響などを見ながら継続を検討する。
 広報室は「青森の良いところをたくさん発信していくので、まだまだ隠れている魅力を掘り起こして地元を明るくしていきたい」とした。