応援メッセージ制作のため苗を植える村職員

 新型コロナウイルスと闘う世界の人たちにエールを送ろうと、田舎館村は12日田んぼアート第2会場(道の駅いなかだて「弥生の里」展望所)に、稲を使った応援メッセージ「ONE FOR ALL’ALL FOR ONE」を制作した。村のホームページからライブカメラで見ることができ、7月中旬には文字がはっきりと浮かび上がる見通しだ。
 稲の色で絵を作る「田んぼアート」は村の代名詞とも言える恒例イベントで、毎年多くの人でにぎわうが、今年は新型コロナの影響で中止となった。同様に全国でも各種イベントが中止となり、いまだ世界で新型コロナが猛威を振るう現状に「一緒に頑張ろう』とエールを送れないか」と企画。田んぼアート第2会場を活用し、田んぼアートを応用した応援メッセージを制作することとした。
 メッセージは縦約20メートル、横は最長約50メートル。作業は11日に始まり、12日は村職員有志約10人が4時間半ほどかけて制作。「ONE FOR ALL’ALL FOR ONE」の文字は「あさゆき」の稲を使い、「紫稲」で縁取りさらに「黄稲」を使って「INAKADATE’JAPAN」と文字を添えた。
 村企画観光課は「ラグビーでも使われる言葉で、気持ちが伝わる言葉だと思う。現地で直接見ることができなくてもライブカメラで見てもらい、思いが届けばうれしい」とした。