県は10日、青森市の天田内川や新城川、鯵ケ沢町の中村川など県管理の11河川で、大雨により河川が氾濫した場合の「洪水浸水想定区域」を指定、公表した。従来に比べて浸水面積が拡大しており、今後、各市町村で今回の想定区域に基づき、洪水ハザードマップが作成される。今回の発表で、対象となっている全37河川の指定、公表が完了した。
 県は2015年の水防法の一部改正を受け、降雨量などの想定を見直して新たに洪水浸水想定区域の指定を進めており、今回公表したのは青森市の天田内川、新城川、野内川、赤川、鯵ケ沢町の中村川、外ケ浜町の蟹田川など8市町村の11河川。
 今回の見直しで、最大規模の降雨により浸水が想定される区域の面積は天田内川で84ヘクタールから113ヘクタールに、野内川で133ヘクタールから625ヘクタール、中村川で220ヘクタールから356ヘクタールへと、いずれも広がった。
 最大の浸水深は新城川で9・4メートル(青森市石江字岡部)、野内川で5・7メートル(同市滝沢字下川原)、中村川で9・0メートル(鯵ケ沢町中村町字上山ノ井)、蟹田川で7・4メートル(外ケ浜町字蟹田南沢山口)。
 公表された区域図では、浸水する区域や浸水深のほか、浸水が続く時間や氾濫した場合に家屋倒壊の危険がある区域なども確認可能。県ホームページのほか、県河川砂防課や各地域県民局地域整備部などで閲覧できる。
 県河川砂防課は、全国では想定外の浸水が起きているとして「万が一の際の避難行動につながるよう、住んでいる場所の状況を確認してほしい」と呼び掛けた。