2018年9月につがる市の国道101号で車4台が多重衝突し、4人が死亡した事故で、危険運転致死傷の罪に問われたつがる市森田町大館千歳、無職被告(34)の裁判員裁判の判決が8日、青森地裁であった。寺尾亮裁判長は「運転の様態は極めて危険性の高い悪質なもの」などとして、求刑通り法定刑の上限である懲役20年を言い渡した。弁護側は無罪を主張していた。
 争点は(1)アルコールの影響で正常な運転が困難であったか(2)被告本人がその状態を認識していたか―の2点で、危険運転致死傷罪の成立が争われた。
 判決では、法定速度を大幅に超える時速163キロまで加速するなど事故当時の道路状況に明らかにそぐわない運転で、運転状況や事故前後に眠気を訴える言動はアルコールによる酩酊(めいてい)の症状と整合しており、「アルコールの影響で正常な運転が困難な状態だった」と認定。
 時速163キロまで加速するといった著しい高速度運転は意識がある状態でアクセルを踏み込み続けて加速しない限り行えないこと、同乗者からスピードを落とすよう注意されて返事をしていることなどから「酩酊の影響で一時的に意識もうろう状態ないし仮睡状態に陥ることがあったにせよ、意識を失うことなく運転行為を続けていたのであり、そうである以上、自らが高速度運転をしている状況も認識していた」として弁護側の主張を退けた。
 量刑については「運転の様態は極めて危険性の高い悪質なもので、事故により生じた結果は誠に重大。交通ルールを順守するという意識を明らかに欠いた行動で、その動機や経緯に酌むべき余地はない」と指摘。事故原因が自身の運転にあることを認め、不十分ながらも反省の態度を示していることなどを考慮しても、「具体的に刑期を減じるべきとはいえない」として求刑通り懲役20年の判決を言い渡した。
 判決によると、被告は飲酒の影響で前方注視や運転操作が困難な状態で乗用車を運転し、18年9月22日午前1時9分ごろ、つがる市森田町下相野亀山の国道101号で制限速度50キロを大幅に上回る163キロまで加速、前方の軽乗用車に追突した後に対向車線の軽乗用車に衝突した。追突された車は衝撃で進路左側の防雪柵にぶつかり、対向してきた別の軽乗用車に衝突、この事故で男女各2人が死亡し、被告の同乗者2人を含む3人がけがを負った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。