園内で美しく咲き誇るバラが園児を喜ばせている

 弘前市の文化幼稚園(井澤優子園長)で、園内に植えられたバラが見頃を迎えた。赤やピンク、紫など色とりどりのバラが咲き誇り、園児らの目を楽しませている。
 バラは、園児のための環境づくりの一環として2007年から植えられたもので、濃いピンク色が美しい「アンジェラ」や、黄色の「ゴールドバニー」など、15種類26本が美しい花を咲かせている。
 今年は5月末ごろに咲き始め、このところの好天で一気に開花が進んだといい、8日は満開のバラの香りが漂う園庭で園児が元気いっぱいに遊び、花びらを拾うなどして楽しんだ。
 田岡采花(いろは)ちゃん(4)は「せっけんみたいないい匂いがした。紫色のお花がきれいだった」と話した。
 同園では花びらを使って色水を作り、子どもたちがジュース屋さんごっこなどで楽しむという。