津軽こけし館で限定販売されているおやゆび姫こけし(左側)とアマエビこけしちゃん

 津軽こけし館(黒石市)の「月替わりこけしコレクション(月コレ)コーナー」に「チューリップからこんにちは!おやゆび姫こけし」(5月分、山谷レイ工人作)と「コロッとコロナ撃退!アマビエこけしちゃん」(6月分、北山裕美工人作)が限定販売されている。同館は新型コロナウイルスの影響で4月23日から休館していたが今月1日に営業を再開し、早速愛好家が買い求めている。
 月コレは津軽系こけし工人のオリジナル作品を店頭限定で販売する企画で、毎月1日に作品を更新。5月は休館だったため2カ月分を同時販売とした。おやゆび姫こけしはチューリップの花にかわいらしく立つ姿を表現。アマビエこけしちゃんは同館の疫病退散の願いとこけし愛が重なった作品となっている。
 営業再開を待ち望んでいたこけしファンが購入しており、同館の小野真希子さんは「休業中も通販は行っていたが、月替わりコレクションは店頭販売のみなので、早速購入していただけるお客さまを見て、いかにファンに支えられていたかが分かる。本当にありがたい」と話している。
 価格は税込みでおやゆび姫こけしが2530円、アマビエこけしちゃんが2200円。