会見で容疑者逮捕を発表する捜査本部長の上田修県警刑事部長(左)と西川茂青森署長

 青森市油川の住宅で無職女性(61)が遺体で見つかった事件で、青森署は2日夜、同居する長男(35)を殺人の疑いで逮捕し、3日未明に発表した。親子関係が悪化していたという趣旨の供述をしており、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は5月28日午後9時ごろから同31日午後3時9分ごろまでの間、自宅で母親の頭部をハンマーで複数回殴打し、殺害した疑い。
 県警や付近住民の話では、容疑者は父親と2人暮らしだったが、5月中旬に父親が病死。その後、弘前市に別居していた母親が移り住み、一緒に暮らしていたという。捜査本部は、父親の死亡による家族関係の変化が事件の背景にあるとみている。
 捜査本部によると、駿容疑者は31日に「母親が頭から血を流して倒れている」と自ら通報。任意で事情を聞いていたところ、2日午後に殺害を認める供述をしたという。供述に基づき弘前市内の神社敷地内を捜索したところ、犯行に使ったとみられる金属製のハンマーが見つかり、その場で逮捕した。ハンマーは自宅にあったものだという。
 母親は発見時、1階居間に敷かれた布団の上であおむけの状態で倒れており、頭部と顔面に硬いもので殴られた跡が十カ所以上あった。就寝時に身に着けるような服装をしていたといい、就寝中に襲われたとみている。
 自宅には現金数十万円や母親名義の通帳が残されていたが、財布は見つかっていない。容疑者は「(財布は)捨てた」と話しており、第三者による金品目的の犯行に見せ掛けようとした可能性があるという。
 捜査本部は4日午前にも青森地検に送検し、詳しい動機などを調べる方針。