つがる市の小中学校全13校が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置で不足している授業時間を確保するため、夏休みを短縮することが3日、分かった。短縮日数(土日を含む)は各校でまちまちだが、最短5日、最長21日短縮する。
 市教育委員会によると、夏休みは市の規則で7月22日~8月23日を基本としているが、期間や開始日は各校の校長に裁量権があり、例年各校で若干前後している。市教委は新型コロナの影響を踏まえ、夏休みの日程を変更するか各校に聞き取りをしており、6月3日までに短縮後の日程が出そろった。
 最短の5日短縮するのは育成小学校で、最長の21日短縮するのは木造中学校。短縮日数は平均して1週間程度という。木造中は当初予定の7月17日~8月17日を8月6~16日に短縮。新型コロナの第2波が起きる可能性に備え、前もって授業日数を確保するためという。
 児童生徒にとって例年と違う変則的な夏休みとなることに市教委の木村修治指導課長は「健康に気を付けて生活してほしい」と呼び掛けた。