女性が遺体で見つかった青森市油川の現場=31日午後10時20分ごろ

 31日午後3時ごろ、青森市油川の無職の女性(61)が自宅で頭から血を流して倒れているのを、訪れた息子が見つけ、119番した。女性は既に死亡しており、青森署は殺人事件と断定して捜査を開始した。
 県警によると、女性は木造一部2階建ての住宅で1人暮らし。女性の自宅を1人で訪ねた息子が午後3時9分に通報し、駆け付けた救急隊員が女性の死亡を確認した。鈍器のようなもので殴られたとみられる。同署は頭部の外傷が第三者による損傷とみられることや現場の状況などを総合的に判断し、殺人事件と断定した。
 現時点で、トラブルなどは確認されていないが、現場には女性の携帯電話が残されており、同署が調べを進めている。1日に司法解剖し、詳しい死因を調べる予定。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。