6月末での閉店が決まったUマート弘大前店

 ユニバース(三浦紘一代表取締役CEO、八戸市)は29日、同社が運営する弘前市富田3丁目のUマート弘大前店を6月30日で閉店すると発表した。建物や設備の老朽化によるもの。建物は賃貸借契約により使用していたが、8月に期間満了となることを機に閉店を決定した。同店2階には飲食店「焼肉モ~モ~」が入居していたが、今月10日に閉店している。
 同店は2008年8月、破産したマルエス主婦の店から引き継ぐ形で営業を開始。弘前大学に近接しており、学生の利用も多かった。建物は1986年に「マルサン富田店」として建てられたもの。老朽化が激しく、建て直すには敷地面積が狭く、近くに適当な物件もないことから閉店することにしたという。ユニバースの担当者は「利用してくださった方々にはご迷惑をお掛けする。長きにわたってご愛顧くださり感謝したい」とした。
 同店を週3回程度利用しているという弘大理工学部4年の男性(21)は「近隣にもスーパーはあるが、学校帰りに立ち寄れるここが便利だったので困る。入学以来利用していたのでなくなるのはさみしい」と語った。