クマが初めに目撃された弘前市青山5丁目の現場

 26日午後11時ごろ、弘前市青山5丁目の市道でクマ1頭を目撃したと通行人から110番があった。その後、27日早朝までに付近で目撃したとの情報が2件寄せられたほか、同日正午前後には平川市内でも目撃情報が相次いだ。弘前署は同じクマの可能性が高いとみており、現場周辺のパトロールを強化するとともに「目撃したときは刺激せず、すぐに連絡を」と注意を呼び掛けている。
 弘前署と弘前市によると、26日午後11時ごろ、弘前市青山5丁目の「すき家弘前青山店」付近で体長約1メートルのクマを目撃したと車で通り掛かった女性が110番した。さらに27日午前4時20分ごろ、最初の現場から東に数百メートル離れた同市向外瀬字豊田の「六花酒造」付近の茂みにクマが隠れていると通報があり、同5時ごろにはさらに東に数百メートル離れた同市堅田字神田の国道7号をクマが横断しているとの通報があった。
 また、黒石署によると、27日午前11時35分ごろ、平川市松館で体長約1メートルのクマを目撃したと通報があった。その後、同日午後1時ごろまでに同市館田などで目撃したと複数の情報が寄せられた。
 弘前、黒石両署によると、人的、物的被害は確認されていない。
 弘前市青山5丁目の目撃現場から南に約500メートル離れた北小学校は27日朝、保護者らにメールでクマの出没を知らせたほか、集団下校を実施。28日の登校時間帯には教員らが児童を見守る方針。
 同市教育委員会は27日、同小を含む第一中学校区、隣接する第二中学校区と東中学校区の全13小中学校に連絡した。
 青山5丁目の現場付近に住む女性(81)は「住宅街にクマが出没するなんて信じられない」と話し、近くの男性(62)は「外出するのが怖い」と不安そうに語った。
 弘前署は28日、管内小学校の登下校時に見守り活動やパトロールを行う予定。