弘前公園閉鎖中の桜の様子が楽しめる写真展「2020誰もいない桜」

 弘前市みどりの協会が主催する写真展「2020誰もいない桜」が、弘前公園内の緑の相談所展示室で開かれており、公園閉鎖期間中の桜の様子が楽しめる。6月2日まで。
 展示している写真は、同協会が4月末から5月初めにかけて撮影したもの。岩木山や弘前城天守に映えるソメイヨシノ、花筏(はないかだ)や遅咲きの関山などを写した27点を展示している。
 同協会の福島正樹事務局長は「新型コロナウイルスの感染を防ぐために弘前公園が閉鎖されていた間に、協会が記録用に撮影した写真を展示している。ぜひ見てほしい」と話した。