2018年9月につがる市の国道101号で車4台が多重衝突し、4人が死亡した事故で、危険運転致死傷の罪に問われているつがる市森田町大館千歳、無職の被告の男(34)の裁判員裁判の第4回公判が25日、青森地裁(寺尾亮裁判長)であった。検察側は法廷刑の上限である懲役20年を求刑、弁護側は危険運転致死傷には当たらないとして無罪を主張し、結審した。判決は6月8日。
 裁判には被害者参加制度に基づいて、被害者4人の遺族4人が意見を陳述。遺族は「裁判で被告の話を聞き、態度をこの目で見て、絶対に許すことができないと感じた。深刻に受け止めている様子は感じられず、失望させられるとともに、強い憤りを覚えた」などと意見を述べ、4人とも厳罰を求めた。
 検察側は論告で、運転開始前後に眠気を感じていたことや事故現場約800メートル手前の地点で時速129キロから138キロで走行していたにもかかわらず、自分の意思でアクセルを踏んで時速163キロまで加速し、衝突直前まで前方の車両に気付かなかったことなどから「遅くとも事故現場約800メートル手前の地点で、アルコールの影響で正常な運転が困難な状態に陥っており、そのことを認識していた」と指摘。
 アルコールの影響による危険運転では、4人が死亡し、1人が重傷という過去に例がない重大な被害結果をもたらしたことや、犯行の動機や経緯にくむべき事情はないなどとして危険運転致傷の上限である懲役20年を求刑した。遺族側の弁護士も検察と同様に懲役20年の刑を求めた。
 弁護側は普段晩酌するときと飲酒量は変わらず、事故現場までの約10キロを道路状況に応じて運転できていることや、同乗者らから酩酊(めいてい)状態と指摘されていないことなどから「正常な運転が困難な状態で運転しておらず、その認識もない」と主張。
 事故直前まで前方車両に気付かなかったのは速度超過、悪天候、深夜という条件が重なったためなどとして「検察側が争点について立証できているとまでは言えず、無罪と言うほかない」と訴えた。
 被告は最後に意見を述べる機会が与えられると、傍聴席の遺族の方を向いて頭を下げた後「謝罪の気持ちを一生持ち続け、少しずつでも伝わるよう、償っていかないといけないと思う」と話した。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。