2019年度に本県のドクターヘリ2機が出動した件数は793件で、前年度から11件増えたことが25日、県医療薬務課のまとめで分かった。要請件数は前年度比15件増の1014件で、過去2番目の多さだった。
 本県のドクターヘリは09年に運航開始。12年から八戸市立市民病院と県立中央病院を基地病院とした2機体制に移行した。14年からは秋田、岩手と現行の広域連携体制を取っている。
 本県に出動要請があった1014件のうち、出動したのは793件。離陸した基地病院は県立中央病院が366件、八戸市立市民病院が427件だった。
 出動先の2次保健医療圏域は、地理的な要因から八戸と上十三が全体の5割以上を占めた。津軽は40件、西北五は82件、青森は139件。
 要請があったが出動しなかった件数は221件(前年度比4件増)。そのうち、視界不良や強風などによる天候不良が130件で半数以上を占めた。
 2機体制の効果を示す「1機体制では対応できなかった件数」は前年度比8件増の119件で、そのうち1機が出動中でもう1機が対応した件数は112件。同課は「2機体制の効果が引き続き、十分発揮されている」と評価した。
 北東北3県の連携による出動は前年度比1件増の39件。本県から他県への出動は26件で、出動先は岩手25件、秋田1件。岩手からの出動は秋田から要請があった12件。秋田からの出動は岩手から要請のあった1件だった。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。