新型コロナウイルス感染症の影響による経済活動の低迷を踏まえ、国が一律10万円を支給する特別定額給付金について弘前市は29日から、申請書の郵送を開始する。市の申請受け付けは6月1日から8月31日までで、市は届いた書類を確認し次第、順次給付作業を行っていく。
 市はマイナンバーカード所持者を対象としたオンライン申請のほか、一刻を争う状態にある世帯を対象とした独自方式(緊急申請方式)の申請を既に受け付けており、それ以外の世帯を対象に申請書を送付する。
 世帯主は申請書の必要事項を記入するほか、運転免許証、健康保険証、年金手帳(住所、氏名、生年月日の記載部分)といった世帯主を確認できるいずれかのコピー、振込先の口座番号を確認できる通帳あるいはキャッシュカードなどのコピーを同封し、申請書とともに届く返信用封筒でポストに投函(とうかん)する。問い合わせは新型コロナウイルス感染症対策室(電話0172―40―2636)へ。
 また配偶者の暴力などにより、住民票と異なる市内の別の場所へ避難している人は、市ホームページからダウンロードできる申出書で給付金を受け取ることができる。問い合わせは市のこども家庭課子育て相談係(電話0172―40―7038)へ。