プロバスケットボールBリーグ2部(B2)の青森ワッツは22日、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」の新型コロナウイルス感染症に対する活動支援を目的とした特設オークション「エールオークション」に、選手の着用したユニホームなどを出品すると明らかにした。
 オークションの収益は2020―21シーズンの運営資金に活用し、一部は県共同募金会の「地域で支えよう~新型コロナウイルス感染症対策緊急支援活動助成事業~」に寄付する予定。
 出品するのは、選手が19―20シーズンに着用したユニホームや練習着などを予定している。第1弾が24日午後2時からで40点、第2弾は6月7日午後2時から51点を出品する。