弘前市の土手町通りを歩行者天国にし、毎年9月に開催されている「カルチュアロード」について、同実行委員会(菊池清二委員長)は19日、今年は中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止と収束策の一環として判断。同イベントの中止は初めて。
 イベントは文化や福祉、サークル活動などに取り組む市民が成果を発表する場として、中心街ににぎわいを創出する催しとして定着している。今回で40回目となる予定だった。
 同委員会事務局によると、ウイルスの感染拡大に関して見通しが立たない状況を懸念し、出店者と来場者の健康・安全を最優先に考えて決めたという。