ペーパークラフト(上)はオレンジ色の車体が目を引く。「運行を未来につなげる」との思いが込められた未来乗車券には、沿線の四季の写真が印刷されている

 五所川原市の津軽鉄道(澤田長二郎社長)は、2021年度末まで使える「未来乗車券」と、運行している列車・津軽21型(通称走れメロス号)のペーパークラフトなどのセットの販売を開始した。コロナ禍で経営が苦しい中、未来に鉄道運行をつなげよう―との思いが込められている。
 「コロナ収束後に列車に乗って」と売り出す「未来乗車券」は、期間中に窓口に出せば、その日一日のフリー乗車券として使える。沿線の四季の写真が印刷されているのが特徴。A4判2枚のペーパークラフトは、外出できない子どもたちのために制作した。
 同社は今年、新型コロナウイルスの影響で繁忙期の売り上げが激減。3月は人気の「ストーブ列車」に乗る団体客らが減り、売り上げは前年の半分以下に。4月も金木桜まつりの中止などにより、前年の2、3割ほどになった。いまだ収束は見通せず、今後も苦しい経営が予想される。
 セットは首都圏のファンでつくる「津軽鉄道サポーターズクラブ関東支部」の発案で売り出された。同社の白鳥泰総務課長は「自分たちを心配してくれる人たちがいる」と都道府県を越えた支援に感謝し「苦境を乗り切るには皆さんのご支援が必要」と呼び掛けた。
 値段は税込み2000円。津鉄オンラインショップ(https://tsutetsu.shop-pro.jp/)などから購入できる。ペーパークラフトの作り方は同社ホームページで公開している。