新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館を延期していた弘前市吉野町の弘前れんが倉庫美術館が6月1日、プレオープンする。入館者の密集防止のため、事前予約制を取り入れ、一日の入場人数を280人程度に制限。入館対象を6月15日までは市民に限定し、17日からは対象を県民に広げる。
 市によると、入館時の検温、マスクの着用といった感染防止対策も徹底する。開館時間は午前9時~午後5時で、30分ごとに20人ずつ入館し、観覧は最長2時間程度とした。観覧料は一般1300円、大学生・専門学校生1000円。高校生以下と65歳以上の市民らは無料。
 事前予約は、市民が5月23日午前9時から、県民は6月3日午前9時から、電話(電話0172―32―8950)か美術館公式ウェブサイトで受け付ける。
 市は「市民に愛される美術館になるよう、まずは市民を対象にスタートする」とし、今後の状況を踏まえながら、グランドオープンの日程を検討していく方針。