通常授業の再開などについて説明した臨時市立小・中学校長会議

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が本県などで解除されたことを受け、弘前市教育委員会は15日、市立小中学校で21日から通常授業を再開すると発表した。
 中央公民館岩木館で臨時の市立小・中学校長会議を開き、報告した。
 当初は18日から今月いっぱいは給食ありの午前授業としていたが、段階的に教育活動を再開する。
 部活動やスポーツ少年団なども、18日からは予防対策を講じた上で再開可能とした。ただし、今月末までは対外試合や合同練習は自粛するよう求めた。
 吉田健教育長は「安全宣言ではなく、これまで以上に感染予防対策にしっかりと学校で取り組んでいく」とした。