カーネーションなど母の日に贈る花を見繕う店員=弘前市のオザキ・フローリスト親方町坂上店

 母親へ日ごろの感謝を伝える「母の日」を10日に控え、弘前市内の生花店にはカーネーションをはじめとする色とりどりの花々が並び、買い物客らの目を楽しませている。
 同市のオザキ・フローリスト親方町坂上店では、赤や黄色オレンジピンクなどさまざまな色のカーネーションを取りそろえている。コロナ禍で配達の注文が増えつつあるというが、8日は直接来店して花を買い求める市民の姿も見られた。
 近年はカーネーションだけでなく、バラやユリ、カスミソウ、アジサイなど母親の好みに合わせた花を一緒に購入する客も多いという。尾﨑和彦代表取締役は「新型コロナの話題で暗い気分になっても、家に花があれば気持ちも華やぐ。ぜひ1輪でも飾ってもらいたい」と話した。