「平川市テイクアウトごはん」では持ち帰り実施店舗を一覧できる(画像はパソコン画面)
「平川市テイクアウトごはん」バーコード

 平川市内で持ち帰りを行っている飲食店をスマートフォンで一覧できるウェブサイト「平川市テイクアウトごはん」がスタートした。同サイトでは地図や営業時間、メニューなどが確認でき、立ち上げた市地域おこし協力隊の川嶋慎治さん(30)は「新型コロナウイルス感染拡大の影響でテークアウトを始める店舗もある。このサイトで市民がテークアウトを利用しやすくなれば」と期待を込めた。
 新型ウイルスの影響で、外出を控えたり、外食を自粛したりする動きが広がり、県内の飲食業界も深刻な打撃を受けている。他自治体で飲食店の持ち帰り商品をインターネット交流サイト(SNS)などで発信する動きがあり、それを知った川嶋さんは平川市内でテークアウトを行っている店舗を一覧できるサイトを制作することにした。
 サイトを立ち上げるに当たり、気を付けたのは情報の見やすさ。川嶋さんは「テークアウトで検索すれば情報は出てくるが、サイトによっては情報が古いものや分かりづらいものもある。分かりやすいサイトを作ることで、市民も参考にしやすい」とシンプルなデザインにし、掲載情報も地図と連絡先、簡単なメニューなどに抑えた。
 既に10店舗以上の情報を掲載。実施店舗は、川嶋さんのSNSに市民らから送られる情報などを受けて随時追加していく。川嶋さんは「どこでテークアウトを実施しているか分かれば、市民も活用する機会が増えるかもしれない。情報があればいつでも受け付けている」と述べた。